ニキビが酷い時のメイク、どうしてる?ベースメイクの厚塗りよりもするべきなのはココ!

季節の変わり目や生理前などは、急にニキビがブワッと増えることがありますよね。
そんな時は出来るだけ家に引きこもって誰とも会いたくないものですが、学校や仕事でそうすることが難しい人は多いと思います。
そういった場合、皆さんはどんなメイクをして出かけていますか?

125424

厚塗りベースメイクは肌への負担大、ニキビ悪化の可能性も

恐らく、多くの方はコンシーラーやカバー力の高いリキッドファンデーションなどを使ってベースメイクに力を入れると思います。
出来るだけニキビの凸凹や赤みを消したいと思いますもんね。

ですが、そうしたアイテムを使ったベースメイクの厚塗りはニキビへの負担が大きいのでオススメ出来ません。
リキッドファンデーションやコンシーラーには油分が多く含まれているため、ニキビなどの肌トラブルを悪化させる可能性があるんです。
しかも厚塗りするとその分念入りなクレンジングが必要となるので、肌はダブルのストレスを受けることになってしまいます。

ニキビが酷い時は、早く治すためにも出来ればノーメイクが理想。
そう出来ない時はパウダーファンデーションを軽く付ける程度にしておくのが正解です。
コンシーラーを使うのは、既に沈静化したニキビ跡だけにしておきましょう。


【ファンケル】たっぷり1ヵ月試せる無添加アクネケア

ニキビがある時のメイクはニキビから視線をそらすのがポイント

でもきっと、「ファンデを薄く塗るだけじゃニキビが目立つじゃない!!」と思うのではないでしょうか。
そこでオススメなのが、比較的ニキビの出来にくい目の周りや唇のお化粧に凝ること
アイメイクやリップなどのポイントメイクを華やかにすると、他人の目線がニキビ肌ではなく目元や口元に集中してくれるんです。
だから相手はこちらのニキビなんて気にならないというわけ!

いつもよりまつ毛を盛ってみたり、発色の良いのリップを塗ったり印象的なポイントメイクを作ってみて!
特に赤めのリップはニキビの赤みを誤魔化してくれるのでオススメ。
いつもしないメイクを試せば、憂鬱な日のメイクもちょっとは楽しくなるのではないでしょうか。

ニキビが増えてしまった時に是非試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする