【テカリ・毛穴に】ドルックスのオードカルマンとカーマインローションを比較!

プチプラのレトロコスメがテカリに効く!

カーマインローション

カーマインローション

去年の夏頃から資生堂のカーマインローションを使っています。
日焼け後のアフターローションとして有名なレトロコスメなのですが、パウダーが入っているためテカリ予防にとっても良いのです!

主に収れん化粧水として朝のスキンケアの最後に使うと、クリームを塗った後でもサラリとした肌に仕上げてくれるんですよ。
夏のベタつきが酷い時は、化粧直しの時も使っていました。

資生堂 カーマインローション(N) 260mL

新品価格
¥300から
(2017/4/10 20:44時点)

プチプラなのに260mlとたっぷり入ってるのでかなり長持ちしましたが、そろそろ無くなりそうなので同じものを買おうとしたのですが…アマゾンを見ていたら気になる商品を見つけて、ついそちらを買ってしまいました。

ドルックス オードカルマン

オードカルマン

それがこちら、ドルックス(こちらも資生堂)のオードカルマンです!
レトロプチプラ化粧品として人気のドルックス。
以前このブログで収れん化粧水と乳液のレビューをした時の記事は、今でも沢山の方に見に来て頂いている程の人気です!

オードカルマンはカーマインローションと同じく、パウダーが入った収れん化粧水なので、使い方も同じ、ですのでどちらを買おうか悩まれる方もいるのでは?
そんな訳で、両方使ってみた私が使用感の違いをレビューいたします♪

ドルックス オードカルマンN 150mL

新品価格
¥502から
(2017/4/10 20:44時点)

オードカルマンとカーマインローションの違い

香り・テクスチャ・使用感

どちらもとろみのないサラッとした化粧水です。が、カーマインローションを始めて使うとまず強烈に感じるのが匂いです。
パウダーのせいなのか、ものすごく絵の具の匂いがするんです。
小学校の頃の記憶が思わず蘇るほど…絵の具の強烈な香りがします。
最初はかなり気になるかもしれません。

一方オードカルマンには香料が入っているので、絵の具臭はかなりマイルドです。
ほんの~り良い香り。
なので香りに敏感な方にはオードカルマンをおすすめします。

そして、顔に馴染ませると結構違うのがしっとり感です。
カーマインローションもさっぱりした化粧水なのですが、オードカルマンを使ってみたらこちらのがよりさっぱり感がありました。
私はあまり成分には詳しくないですが、カーマインの方がグリセリンの割合が多いようです。
オードカルマンはエタノールのせいか馴染ませてすぐにサラリとします。

私くらいのオイリー肌ならどちらでも良いのですが、乾燥しやすい方にはカーマインがおすすめかな。

カーマインローション オードカルマン

色・値段

色はどちらも薄ピンク色をしていますが、やや色味が異なります。
上の画像を見ると分かると思いますが、オードカルマンの方がややベージュよりで肌なじみの良い色かと思います。
ただ、よっぽど塗りたくらなければ白浮きしたりはしませんので気にしなくても大丈夫です。
衣服に染み込むと落ちにくいのだけ注意してくださいね。

最後に値段の比較をば。
カーマインローションは260mlで定価350円、オードカルマンは150mlで定価600円となります。

そう、圧倒的にカーマインローションの方がお安いんです。
ただ容器がプラスチックでチープなのと、大容量入りのために時間が経つと容器の内側で乾いたパウダーが固まってしまって、肌や手に欠片がへばりついて面倒だったりします。

ドルックスはしっかりした瓶入りで、レトロ可愛い見た目が魅力ですね。
私は持っているドルックスシリーズと並べたくて買っちゃいました(笑)

レトロコスメでテカリ対策!

レトロコスメ

個人的には匂いはオードカルマン、保湿感はカーマインの方が良いと感じています。
そんな感じで以上、カーマインローションとオードカルマンの比較・違いのレビューでした!

これからの季節きっと活躍してくれるアイテムなので、是非どちらか手に入れられてみてはいかがでしょうか?

簡単なレビューですが、今回の記事が購入の参考になれば幸いです!

<こちらの記事もおすすめ>
パウダー無しのドルックス収れん化粧水については↓をチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう